吸入薬 薬を吸入するということは・・・


吸入薬とは何でしょうか

■ 多くは、ぜんそく(喘息)、慢性気管支炎などに処方されます。

粉、もしくは霧状の薬を口から吸うことですが、では薬はどこに行けばよいでしょうか。

口の中に入って効果を発揮するのでしょうか

のどに作用して咳を止めるのでしょうか。


■ 吸入薬は口から吸って、空気の通り道(気道)や肺に行きわたらせることを目的としています。

開業してから100人以上の患者さんに吸入の仕方をお教えして、このようなイメージを最初に持っていただくことが重要だと思いました。

肺の中に行きわたらせるには、大きく吸入することが大事であることがご理解できると思います。

写真は霧状の薬を吸入しやすいように、マスク型の吸入補助器を使用していますが、肺の中に薬を行きわたらせるイメージは一緒です。