咳が続く 咳が止まらない 止まらない咳 長引く咳 ― 咳ぜんそく ぜんそく(気管支ぜんそく) 違い 移行

咳ぜんそくの患者さんの中には、ぜんそく(気管支ぜんそく)の患者さんもいます


咳ぜんそく(咳喘息)はそのまま自然に治ることもありますが、

■ 約30%がぜんそく(気管支ぜんそく)に移行するといわれています

多くのぜんそく(気管支ぜんそく)の患者さんを拝見していると、

■ 以前に咳ぜんそく、といわれていた患者さん

は決して珍しくありません。

皆様は咳ぜんそくから移行してきたのでしょうか。

お話を聞いたり、診察や検査をすると

■ 咳ぜんそくと診断されていた時点でぜんそく(気管支ぜんそく)

だったと思われる患者さんがおります。

花粉症などのアレルギー体質があり、発熱がない、止まらない咳で咳ぜんそくと診断されることが多くあります。

一時的に吸入の薬をすると咳の多くは収まると思われます。

咳ぜんそく
の診断で大事なことは

● 胸が「ヒューヒュー」「ぜーぜー」した音を感じた事がない

● 咳き込んだときに息苦しさを感じた事がない

上記2点が非常に重要です。

別の言い方をすると、

● 胸が「ヒューヒュー」「ぜーぜー」した音を感じたことがある

● 咳き込んだときに息苦しさを感じた事がある

上記の症状があれば、咳ぜんそくではありません

■ 気管支ぜんそく

が疑われます。

咳ぜんそく(咳喘息)とぜんそく(気管支ぜんそく)における、治療の大きな違いは

■ ぜんそく(気管支ぜんそく)であれば、症状が無くても吸入薬を使用し続ける必要があります

■ ぜんそく(気管支ぜんそく)であれば、吸入のステロイドを使用することが大事です

以前に咳ぜんそくと言われていても、

● 息切れや胸の音を感じる場合はぜんそく(気管支ぜんそく)

と考えて治療をしたほうが良いと思われます。

当院で咳ぜんそくか、ぜんそく(気管支ぜんそく)かを診断する際には、

1.問診
 ↓
2.診察
 ↓
3.総合呼吸抵抗測定装置(モストグラフ):空気の通り道のむくみの検査
 ↓
4.呼気一酸化窒素検査:ぜんそくの検査
 ↓
5.呼吸機能検査:肺活量と息の吐きだしやすさの検査
 ↓
6.検査結果の説明
 ↓
7.診断
 ↓
8.治療の説明
 ↓
9.薬の使用方法の説明
 ↓
10.会計

上記のような流れで咳に対する診断と治療を行っていきます。

クリニックのスタッフが患者さん一人につき一人、つきっきりで検査をします。


■ 咳が良くなれば、仕事が効率よくなります

■ 咳が良くなれば、夜よく寝れます

■ 咳が良くなれば、息切れが良くなります

■ 咳が良くなれば、周囲を気にすることが無くなります

■ 咳が良くなれば、観劇、コンサートなどが楽しみになります

咳が続く場合はクリニックの受診を考えてみてください。

当クリニックのアレルギー検査は必要と判断すれば血液検査でします。

こきゅうの検査は

3.総合呼吸抵抗測定装置(モストグラフ):空気の通り道のむくみの検査
 ↓
4.呼気一酸化窒素検査:ぜんそくの検査
 ↓
5.呼吸機能検査:肺活量と息の吐きだしやすさの検査

の過程になります。

レントゲンは必要に応じて検査します。

目に優しい問診票の一部抜粋:イワタUDフォント 

優しい肺の検査 総合呼吸抵抗測定装置 モストグラフ

優しいぜんそくの検査 呼気一酸化窒素検査

優しいレントゲン検査

世に一番普及している肺機能検査 スパイロメーター

優しい採血