喘息(ぜんそく)を悪くさせない生活スタイル5 ストレス

ストレスが続くと自律神経やホルモンのバランスは崩れて身体に様々な影響が出ますが、
気管支の収縮は緊張しぜんそくの症状が悪くなります

心理社会的ストレスのなかでは、

⇒家族とくに夫や妻を亡くした・亡くすかもしれない時、

⇒愛情欲求が満たされない時、

⇒自分では対処・解決できない問題に直面した時、

⇒生活リズムを崩されるような時、

⇒ゆとりのない生活を強いられた時

などに生じる情動は、喘息の発症に関係すると言われています。

ストレス社会の中でのストレスの解消法は人それぞれと思います。

自分の中でよいストレスの解消法が見つかるとよいですね。

私は自宅で歌舞伎の写真やあらすじを読んでいると癒されます。




主に日常や趣味のブログ(gooブログ)をしております。

下記をクリックしてみてください。


呼吸器の病気への理解を深めるために