ぜんそく、慢性閉塞性肺疾患(COPD) - ドライパウダー型吸入薬、吸入器の種類について


ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患(COPD)の治療は吸入薬が主流となっています。

吸入薬は大きく二つの種類に分類されます。

◆ ドライパウダー型吸入薬

◆ 定量噴霧型吸入薬


ドライパウダー型吸入薬


自分自身が粉の薬を大きく吸い込んで、薬を肺の中に行きわたらせて効果を発揮するものです。

– 吸入するまでの準備において数段階の器具操作が必要です

– 自分自身の吸う力で吸入します

– 噴射と吸うときのタイミングが不要です

– ある程度の吸う力(吸気流速)が必要です

使用方法が上手くいっていないと、せっかくの薬も効果が発揮できません。

もし分からないようであれば、担当の医師や薬剤師さんにご相談ください。




主に日常や趣味のブログ(gooブログ)をしております。

下記をクリックしてみてください。


呼吸器の病気への理解を深めるために