肺の模型があります



患者さんに病気の説明をするときに、立体的な模型があったほうがイメージがわきやすいと思います。

気管(空気の通り道)が見えやすいように、心臓は取り出しています。