ネブライザー



ネブライザー


クリニックにはネブライザーを2台用意しています。

ネブライザーは液体の薬を霧状にして吸入する機械です。

薬の効果は気管支を広げる作用を持っております。

■ ぜんそく(喘息)の発作
■ 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性気管支炎肺気腫などの症状の悪化
■ 痰が切れなく苦しい場合など

ネブライザーを使用することで気管支を広げて痰を出しやすくなることで息切れが良くなります。

写真はネブライザーを吸入しているところです。

大体5分程度吸入します。


(日本光電の営業の方に同意を頂き、写真を撮らせていただきました)