治療  治療法  治療薬 薬 ― ぜんそく 喘息

ぜんそくの治療について


ぜんそく(喘息)で咳き込んだり、息苦しくなる理由として、

1. 空気の通り道(気道)が赤く腫れて、むくみます。
    +
2. 普通なら咳き込まない、ちょっとした刺激で咳がでて、空気の通り道(気道)が「キュッ」と縮まります。
    ↓
● 空気の通り道が狭くなります。
    ↓
● 苦しくなります。

・ぜんそくの治療で大事なことは、1.2.の状態を良くすることです。

1.空気の通り道のむくみを取り(気道の炎症を抑える)

2.空気の通り道を拡げる(気道を拡げる)

2段構えの治療が主体となります。

1が基本治療で2が追加治療となります。

~基本治療~

● 吸入ステロイド薬

~追加治療~

● 長時間作用型β2刺激薬

現在は1.2.同時に治療ができる吸入薬は多く処方されています。

大人のぜんそくの治療で大事なことは

■ 軽症であっても、吸入のステロイドを使用すること

です。