ぜんそく 症状がない でない ― 通院 治療

ぜんそくは症状がないからこそ、継続して治療が必要です

ぜんそく=症状ではありません。

ぜんそく患者さんの中には

● 症状が出たときにだけ病院に行く

● 調子が悪い時だけ薬をつかう

● 調子がいい時は薬は使わない

など誤った認識をしている場合があります。

正しくは

● 症状がないときも病院に行く

● 調子が良いときも薬をつかう

ことです。

ぜんそくというと、

■ 咳や痰、ヒューひゅー、ゼーぜー、苦しい

などの、いま困っている症状を思い浮かべるかもしれません。

実は、そのような症状は、

ぜんそくという病気の全体像の目に見える一部分

■ 氷山の一角

です。

ぜんそくの根底には、アレルギーという体質による

■ 空気の通り道(気道)の慢性的な炎症

があります。

炎症とは空気の通り道(気道)の表面が荒れている、日焼けをしている、軽いやけどのような感じです。

皮膚の軽いやけどや、手荒れがひどくなると赤く腫れてむくむような感じです。

1. 空気の通り道(気道)も赤く腫れて、むくみます。
  ↓
2. 空気の通り道が狭くなります。
  ↓
3. 苦しくなります。

● 1.の状態がある程度よければ、症状はないかもしれません

● しかし、チョットした拍子に2.3へ移行します

ぜんそくの原因となったアレルギー体質がある限り、個人差、程度はありますが

● 日々、空気の通り道は(気道)、日焼けを起こしています

そのため、ぜんそくのない毎日の生活を維持するためには1.の調子を良くし続けなければなりません

● 目に見える症状がないときでも

● 治療を毎日つづけることで

● 気道の表面を、良い状態を保ち

■ 症状が出ない毎日の生活を維持することが大切です

ぜんそくは、慢性的な病気です。

軽症の場合でも

■ 治療をつづけることが必要となります 

イメージ的には

● 高血圧があるので、定期的に病院に行って血圧を測ってもらい、薬を出してもらう

● ぜんそくがあるので、定期的に病院に行って胸の音を聞いてもらい、薬を出してもらう

患者さんにとって分かりづらいのは

薬をやめてもすぐには悪くならない事が多いので、薬をしなくても大丈夫と思ってしまいます。