クリニックだより

クリニックから太宰府天満宮への感謝の旅

心新たに続くクリニックの日々

みなさま、こんにちは。当クリニックの院長です。

先日、私は福岡県の太宰府天満宮に参拝してまいりました。

この度は、当クリニックでの日々の出来事、患者さまへの感謝、そしてスタッフのみんなへの感謝の意を込めて、太宰府天満宮にお参りしてきました。

太宰府天満宮の魅力

 
太宰府天満宮は、菅原道真公をお祀りする神社として知られるだけでなく、その美しい境内や季節の風物詩も魅力の一つです。

春には桜、夏には緑豊かな木々、秋には紅葉、冬には静かな雪景色と、四季折々の風景が楽しめます。

また、境内には亀戸池があり、その清らかな水面には季節によってさまざまな水鳥が訪れます。

この池の周りでのんびりと散歩をすることは、日常の喧騒を忘れさせ、心を落ち着かせる効果があります。

太宰府天満宮の歴史

太宰府天満宮の起源は古く、901年に菅原道真公が大宰府に左遷された後、彼を祀るために建立されました。

道真公は平安時代の学者、政治家として知られ、公正で知識に溢れた人柄から、学問の神としての信仰が広まりました。

そんな背景から、毎年、多くの参拝者がこの神社を訪れ、自らの願いを託します。

私自身も、クリニックを開院して以来、多くの患者様やスタッフとの出会い、そして日々の支えに心からの感謝を感じています。この度、その感謝の気持ちを込めて、太宰府天満宮にお参りしました。

太宰府天満宮の門をくぐると、長い参道が続き、その先には菅原道真公を祀る本殿があります。そこで、私は手を合わせ、日々の感謝と今後のクリニックのさらなる発展を祈りました。

私たちの日常には、感謝すべき瞬間や出会いが数多くあります。太宰府天満宮のような歴史的な場所で、その感謝の気持ちを再確認することができました。

終わりに

太宰府天満宮での参拝は、私にとって深い感動と共に、新たな気持ちでクリニックの日々を送る原動力となりました。これからも、みなさまの健康と笑顔のために、最善を尽くしてまいります。

今後とも、当クリニックをよろしくお願い申し上げます。