今週をふりかえってみて

おかげさまで、開業後5日経ちました。

休日もあり、さらに皮膚科の診療時間が少なかったのにもかかわらず100人以上の患者さんに来院をして頂きました。

呼吸器内科を受診された患者さんの多くは
■ 咳がなかなか止まらない
■ 息切れがする
■ 喘息(ぜんそく)と診断されていたが、本当かどうか知りたい
■ ぜんそく(喘息)だが胸の調子が悪い

このような訴えで受診して頂きました。

咳や息切れで来院して頂いた患者さんの多くは、
■ アレルギー性の咳で「咳ぜんそく、ぜんそく」
■ 喫煙(現在、過去も含め)による「慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)」

でした。

呼吸器内科でアレルギー性の咳や喫煙による息切れを疑うポイントは
■ まずは詳細な問診と診察です。

さらに検査を複合して行い、総合的に判断をします。

当院で初診でぜんそく、慢性気管支炎などが疑われた場合には

■ 胸のレントゲン:結核や肺がんなどが、ないかどうか見ます。
■ 呼吸機能検査:肺活量など胸の基本的な検査です
■ モストグラフ:気管支が狭くなっていないかどうか調べます
■ 呼気一酸化窒素検査:アレルギー性の咳やぜんそくの簡易的な検査機械です。
■ アレルギー検査:採血で何のアレルギーがあるかどうか調べます。

上記の検査を複合して行います。

時間はそれほどかからず、患者さんの負担も少ないです。

アレルギー検査以外は当日に結果をご説明できます。

また、多くの患者さんとお話をして感じたことは
■ ぜんそく(喘息)や呼吸器の病気を上手に理解をされていない。
■ 薬の使い方(吸入する薬)が上手にできていない。

上記2点です。

今後は、私が診察時に説明するだけではなく、
当院のスタッフにてぜんそく(喘息)やCOPDなどの呼吸器の病気をご説明できるようにしようと思っています。
(時間と場所の問題ですが、もう少し慣れ2月からスタッフが増えれば大丈夫と思います。ご説明する場所はあります。)

■ 主に病気の説明が記載されたパンフレットを用いての説明
■ 吸入の見本を用いての説明、吸入方法のやり方や確認など
をできるように早めに考えたいと思います。

また、寒い毎日が続いております。

朝は8時半前には一番外側のオートドアを開けるようにして、クリニック外側のエレベータ前の風除室で9時開院まで待てるようにしました。

簡易的な丸椅子を置くようにして、椅子の上には 「ほっかいろ」 を置いておきますので、ご自由に使用してください。

山口 裕礼