クリニックだより

クリニックに酸素ボンベを常備しています

酸素ボンベ10L以上の酸素を流すことができます

胸が苦しい場合、酸素が足りない状態の事があります(呼吸不全)。

そのような場合には救急車をよんで早めに酸素を投与し、救急病院を受診しなければなりません。

もし、当院に酸素が足りない状況で来院をされた場合の事を考えて、大型の酸素ボンベを用意しております。

状況によっては救急車が来る前に10L以上の酸素を使用することができます

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。