クリニックだより 皮膚科

 

皮膚がピリピリしていたい!帯状疱疹について

皮膚科

帯状疱疹予防ワクチン


登録はコチラ

「帯状疱疹って何ですか?」

小さいころに「水痘(みずぼうそう)」にかかった事がある、もしくは予防接種を受けると・・

神経の所に水痘帯状疱疹ウィルスが潜伏感染(悪さはせず同居)している状態となっています。

そこに、加齢やストレスで免疫力が低下するとウィルスが元気になってきます

元気になると、ウィルスは神経に沿って移動し皮膚に達し、帯状疱疹を発症します(同居の状態から悪さをした状態)。

神経に一致した部位に帯状に、痛みや水膨れとなり治った後も痛みが残ることがあります(帯状疱疹後神経痛)。

ビリビリ、チクチクと刺されたような強い痛みです

            
 


「帯状疱疹って何度もかかるの?」

体、特に口や陰部などに繰り返し水ぶくれができる病気として「ヘルペス」があります。

口唇ヘルペスや陰部ヘルペスなどの原因となる「単純ヘルペスウィルス」と、水痘、帯状疱疹の原因となる「水痘帯状疱疹ウィルス」は異なるものです。

帯状疱疹は、一度かかると、水痘帯状疱疹ウィルスに対する強い免疫がつきます。

しかし、かかった人のうち数%は再発するといわれています。

「予防できますか?」

帯状疱疹はワクチンを接種することで、ウィルスに対しての免疫力を高め、病気の発症率や重症化を抑えることができます。

帯状疱疹の予防接種の対象年齢は50歳以上です

50歳を過ぎたら帯状疱疹予防に。ご希望ございましたら、当院にご相談ください

「注意点」

帯状疱疹ワクチンは、小児にて水痘予防に使用されている水痘ワクチンを用います。

ウィルスを弱毒化して得られる生ワクチンです。

そのため、免疫が低下する疾患や、免疫抑制をきたす治療をされている方は接種ができません。

・ステロイド内服、点滴

・免疫抑制剤(シクロスポリン、タクロリムス、アザチオプリンなど)

ワクチンのご希望があれば、まずは皮膚科もしくは内科に相談をしてください。

その後予約をさせて頂きます。

帯状疱疹予防ワクチン 8,000円(税込)

皮膚科 山口奈央

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。