クリニックだより 内科

花粉症の患者さんが徐々に増えています

内科

スギ (スギ科) アレルギーの原因(アレルゲン)の一つ

熱もなく、鼻水、くしゃみ、鼻づまり

花粉症の症状が出始めている患者さんが増えております。

毎年、花粉症が調子悪い患者さんはアレルギーの薬を始めたても良い季節です。

スギ花粉症の症状

● 鼻症状や眼症状が、高い確率でみられます

● 喉の痛みや痒み

● 咳

● 口内の乾燥

● 味覚障害

● 耳のかゆみ

● 頭重感

● 全身倦怠感(だるい)

など、多彩な症状がでます。

最近は、スギ花粉が直接肌に触れることが原因で発症する湿疹

● スギ花粉皮膚炎

があります。

 季節:関東では1月下旬~5月上旬


花粉症の薬

● 抗アレルギー薬

● 点眼薬

● 点鼻薬

これらの薬を症状にあわせて使用します。

飲み薬の特徴

・効き目が弱いものから強いもの

・眠気が無いものから、あるもの

患者さんに日常生活をお聞きしながら一番合う薬を処方します

また、いつもの飲みなれて効果ある薬があれば同じくお出しします。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。