クリニックだより 内科

インフルエンザ後に咳が止まらなかったり苦しい理由

内科

インフルエンザ後に咳が悪くなったり、悪化する患者さんがおります


インフルエンザが猛烈に流行しています

ワクチンをしていても38,39度のインフルエンザの患者さんも多くおります。

インフルエンザの薬を使用した後に、すぐに熱は良くなったが咳や苦しさが悪化する患者さんがおります。

毎年、呼吸器内科にはインフルエンザは良くなったが咳が止まらない患者さんが多く集まります。

インフルエンザが原因となって気管支喘息になる場合があります

・熱もないのに夜間明け方に咳が出る。

・咳で夜起きてしまう

・せき込んで苦しくなる

・咳で嗚咽する

・咳で失禁する

このような強い咳を起こします。

インフルエンザ後に

熱が下がらなかったり、黄色の痰がでてきた場合

はインフルエンザの後に細菌が悪さをしている可能性があります。

その場合は、抗生剤の内服が必要となる場合があります。

また、今までに

● 咳ぜんそく

● ぜんそく

● 気管支が弱い

● かぜで咳がいつも長引く

● アレルギーの咳?と以前に言われた

● 小児ぜんそく

● 吸入器を使ったことがある

● タバコを多く吸っていた

このような経験がある場合に

インフルエンザ後に咳や苦しさが悪化することがあります。

このような場合は、早めに呼吸器内科・アレルギー科の専門クリニックに受診をおすすめします。

咳や息切れの原因をみつける検査や診断、治療は特殊性があります。

インフルエンザは良くなったが咳や苦しさが悪化あれば治療が必要です

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。