クリニックだより

横浜ビー・コルセアーズ オフィシャルサプライヤー|プロバスケットBリーグ

写真は球団代表の植田哲也氏と。

AEDを提供させていただいております

AEDと呼吸器疾患の啓蒙のために

患者さんの中に、以前から喘息があるにも関わらず気がついていない場合があります。

咳や息切れについて、本人や周囲の方が病気だと思わないと医療機関にも行きません。

繰り返す症状を放っておくと少しずつ悪くなってしまいます。

そのような患者さんを少しでも減らすことが重要です。

Bリーグは日本のプロバスケットボールのトップリーグです

横浜ビー・コルセアーズ

神奈川県横浜市を本拠地としてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールクラブです。

当院が支援することでスポーツをする方々に対して少しでも喘息の啓蒙になればと思います。

スポーツや運動をすると咳がでて止まらないパターン

・走った後に咳が止まらない

・テニスすると咳が出て苦しい

・マラソンが以前より苦しくなった

・バスケットすると胸がぜーぜーして苦しい

・スケートすると咳が出る

このような場合は、

運動誘発ぜん息

が疑われます。

運動という負荷をかけた時にぜんそく発作を起こしている

と考えられます。

もともと気管支ぜんそくが分かっている場合は、治療を強化する必要があります。

問題なのは、気管支ぜんそくと診断されていな場合です

・病気と思っていないため放置する

・体育が苦手となる

・運動を避けるようになる

・スポーツの成績が落ちた

はやく診断と治療をすればスポーツの咳は良くなります。

バスケットボールのポテンシャルとは

・世界No1の競技人口(4.5億人)

・国内でも63万人の競技人口

・男女ともに若者に人気

・NBAに挑戦するメンバーが日本代表へ

・日本代表はワールドカップに出場決定

・東京オリンピックに出場決定

このように、サッカー同様に爆発的な人気スポーツになる兆しがあります。

バスケットボールスクールの横浜ビー・コルセアーズアカデミーにもAEDを広めると同時に呼吸器の病気を知っていただきたく思っています。

横浜ビー・コルセアーズ

市民の生活に「近い」球団
首都圏ならではの立地を活かし、様々な企業とのコラボ、及び多様な地域貢献活動など、生活に溶け込んだ球団に

新たなスポーツエンターテインメントの提示
過去、bjリーグで培ったノウハウと、バスケットボールならではの観客との「近さ」を活かした演出

青少年育成への貢献を通じた若年層との「近さ」
アカデミー部門を設立、神奈川県下で700名を保有

地域バスケットボールプレイヤーの憧れとなる、夢への「近さ」
Jr.ユースより、U-16日本代表が選出。新リーグ発足時には日本初のユース出身TOP選手の在籍を目指している

横浜ビー・コルセアーズのホームページ
こちら

川崎ブレイブサンダース オフィシャルスポンサー|プロバスケットBリーグ

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。