クリニックだより 内科

11月~のどが痛くなり、くしゃみ鼻水、咳の原因は寒暖差とPM2.5か?

内科

国立環境研究所による大気汚染予測(環境GIS「大気汚染予測システム」)より

PM2.5には、人が吸うとアレルギーを悪化させることがあります


● のどが痛くなったり

● 咳や息切れ

● くしゃみや鼻水

● 目のかゆみ

● 皮膚のかゆみ

が出た場合は

PM2.5が悪さをしている可能性があります

11月1日の都内の花粉の飛散は多くないようです。

見学募集を開始!|看護師としてのやりがいを、もう一度思い出したいあなたへ

そのような場合はアレルギーの治療を行わないと良くなりません。

心当たりがあったり、咳がひどい場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

PM2.5とアレルギー

微小粒子状物質(PM2.5)は粒子の大きさが非常に小さいです。

そのため、肺の奥まで入ることから人体に影響が出ます。

代表的なものはアレルギー症状が悪さをします。

● ぜんそくや気管支炎などの呼吸器系の病気が悪くなります

● 鼻水や目のかゆみ

● のどの痛み、イガイガした感じ

● 皮膚のかゆみ

症状が良くならない場合は呼吸器内科・アレルギー科へ受診してください。

対処法

● 屋外ではマスクの着用

● 屋内では外から帰ってきたら手洗いとうがい

● 洗濯物を外の干すのは控える

● 布団を外に干すのを控える

PM2.5で咳が出やすい人

・もともとアレルギー体質がある

・犬や猫など毛の生えたペットをかっている

・小児ぜんそくがあった

・血縁関係ある家族がぜんそく

・今年の花粉症はひどかった

・タバコを吸っている

・もともと風邪をひくと咳が長引きやすい

・以前に咳ぜんそく、喘息と言われた

・副鼻腔炎、蓄膿があった

・せきで吸入を使用した経験がある



これって寒暖差アレルギー?|くしゃみ、鼻汁、鼻づまり、咳

11月1日ごろから喉や鼻、咳の悪化はPM2.5と寒暖差によるアレルギー

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます

今年もついに咳の使者がやってきた!

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。