クリニックだより

クリニックの笑顔

待ち時間について

秋の季節の変わり目で患者さんが多くなっております。

当院の性質上、耳鼻科や一般内科で良くならない呼吸器の患者さんが多く受診します。

必然的に夜も寝れないような重症な患者さんが受診され、検査や点滴、薬の説明など時間を必要とします。

待ち時間も長くなっており、患者さんには大変ご迷惑をおかけしております。

当日中に一人でも多くの患者さんを拝見するために日々努力をしております。

何年か前、ニューヨークのデパートが、繁忙を極めるクリスマス・セールの期間中に、つぎのような素朴な哲学を広告に出していました。

その内容を一部クリニック向けに直させていただきました。

クリニックの笑顔

元手がいらない。しかも、利益は莫大。

与えても減らず、与えられたものは豊かになる

一瞬のあいだ見せれば、その記憶は永久につづく。

どんな金持ちもこれなしでは暮らせない。

どんな貧乏人もこれによって豊かになる。

家庭に幸福を、商売に善意をもたらす。

友情の合言葉。

つかれているものにとっては休養、失意の人にとっては光明、悲しむものにとっては太陽、悩める者にとっては自然の解毒剤となる。

買うことも、強要する事も、借りることも、盗むこともできない。

無償で与えて初めて値打ちがでる。

多忙にてつかれきったスタッフのうちに、これをお見せしないものがございました節は、おそれいりますが、体調が良い患者さんのぶんをお見せ願いたいと存じます。

笑顔を使い切った人間ほど、笑顔を必要とするものはございません。

院長 山口裕礼

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。