クリニックだより 内科

ピークフローメーターの使い方|気管支ぜん息

内科

自宅にいる状態がわかります


気管支ぜん息の特徴

● 急にせき込んだり、苦しくなったりします

● なんとなく胸がゼーゼー、ヒューヒューしたりします

● 痰がらみや胸苦しさがでます

夕方から夜、明け方に症状が出やすいです

その理由は空気の通り道(気道)の状態は一日の生活リズムで変化しているからです。

明け方に咳が止まらない理由

患者さんが医療機関に受診するのは主に日中です。

そのため、クリニックで胸の音を聞いても、喘息の特徴的な音はしない場合が多くあります。

しかし実際に夜間、明け方は喘息の音がしている事があります。

夜間、明け方にゼーゼーするのは気管支が狭くなっている音です。

ピークフローメーター

・家にいるときの気管支が狭いかどうか分かります

・イメージは家庭の血圧計のようなものです

・高血圧があれば自宅にある家庭血圧計をつける

・喘息があれば自宅にあるピークフローメーターをつける

そうすると調子を崩しやすい夜間明け方の状態が分かります。

ピークフローメーターおすすめの患者さん

・呼吸困難感が、精神的な事か喘息か分からない場合

・日々の喘息の調子が悪い場合

・風邪か喘息かどちらかが分かりずらい場合

・発作時の薬の使用のタイミングが分からなかったり難しい場合

このような場合にピークフローメーターを使用すると冷静に判断が出来ます。

ピークフローの結果を日誌に記載し、診察時に持ってきていただければ医師との共有ができます。

まずは定期的に通院して、薬を適正に使用していることが重要です。

ピークフローのご希望があれば是非お声がけください

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。