クリニックだより 皮膚科

足の裏にタコができた場合はこちら

皮膚科

足のイボ?うおのめ?やっぱりイボなの?



「足の裏にタコができました」

最初にクリニックに受診された患者さんの多くは、足にできたできものを「タコ」

と表現されます。

「タコ」と「うおのめ」って何が違うの?

タコ=胼胝(べんち)

うおのめ=鶏眼(けいがん)

のことです。

タコ

平らに皮膚の皮が分厚くなるもの。

うおのめ

中央の凹みが特に硬く、半透明な芯となります。

画鋲(がびょう)のように中央の固い皮が足の裏に刺さったように当たります。

そのため、「タコ」よりもさらに、歩いたときの痛みがあります。

圧迫や摩擦などが繰り返す所にできるものです。

足の変形や、靴(特にヒール靴)と足の形の相性が合わないときにできることが多いです。


治療法は?

圧迫を避ける、スピール膏を貼る、削る。

状況に応じて治療を選択していきます。

足のイボ?うおのめ?やっぱりイボなの?足にできものができた場合は一度皮膚科にご相談ください

皮膚科 山口奈央

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。