クリニックだより

6月から咳が止まらない理由

6月は急に寒くなったり、クーラーをかけたり、梅雨の影響があります

それまでの5月の特徴

・ゴールデンウィーク明けで疲労感あります

・寒かったり暑かったり、寒暖差が激しいです

・雨が降ったり晴れたりします

・かぜを引きやすい時期です

・GW、運動会など外にいる時間が長かった

・PM2.5がきました

・黄砂がきました

さらに6月の特徴として

● 暑かったと思ったら急に寒くなったりする

● クーラーを数カ月ぶりに使用した

● 梅雨の時期に入った

このような環境が咳を悪化させます。

このような季節で、咳が出やすい人

・もともとアレルギー体質がある

・犬や猫など毛の生えたペットをかっている

・小児ぜんそくがあった

・血縁関係ある家族がぜんそく

・今年の花粉症はひどかった

・タバコを吸っている

・もともと風邪をひくと咳が長引きやすい

・以前に咳ぜんそく、喘息と言われた

・副鼻腔炎、蓄膿があった

・せきで吸入を使用した経験がある

様々な原因が重なり、

● アレルギーの咳を発症させます

48

アレルギーが原因となる咳や息切れの診断や治療は特殊性があります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

ご家族や友人で咳で悩んでいる場合もご紹介ください。

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。