クリニックだより 内科

イラストでわかる当院の吸入指導の具体的なイメージ

内科

40歳代の男性(仮) 初診のぜんそく患者さん

当院で吸入器の使い方をどのようの教えているかご説明します。

患者さんによって様々なパターンがありますが、その中の一つです。

どのような感じかイメージを持っていただければと思います。

● 咳がなかなか良くならないため受診されました

● 1週間前から夜も咳で起きてしまいます

● ネコさんが大好きです

クリニックで

● 気管支ぜんそく

と診断になりました。

治療方法は吸入器を用います。

では、スタッフより使用方法を教えてもらいましょう。

吸入器レルベアでの吸入方法の説明

きちんと吸えると「ピー」と音が鳴るトレーナーを用います。

1回目、患者さんへ操作方法のみ説明します。

● では吸ってくださいというと…

吸う動作はしていますが、トレーナーはまったく音が鳴りませんでした。

スタッフが

● 上手に吸えると音がなるんですよ

と話すと患者さんは驚き、

● これではだめなんですね、出来るかな…と不安気です

そこで、

● そのためにお時間を頂いています、練習しましょう

とお話をさせていただき、上手に吸入できる方法をご説明していきます。

問題点

・吸入剤に慣れていません

・1回で吸わなくてはいけないというプレッシャーがあったようでうまく吸えていません

・吸うことに集中すると息止めを忘れてしまっています

使用方法の説明

スタッフには患者さんが不安に思っていることが分かりました

・ゆっくり練習しましょう

・出来るようになりますから大丈夫です

 ⇒スタッフの言葉でリラックスをして頂きます

・カバーを開けることで薬が1回分セットされるので、カバーを操作しなければ何回吸っても大丈夫です

・吸った薬が奥まで届いたイメージで息を止めるようにしましょう

★ 最初は音が鳴らず、2回目は短い音が鳴り、3回目でしっかりと音を鳴らすことが出来ました

患者さんも音が鳴ったことに喜んでおります

今回の結果をふまえて最終的にレルベアの処方が決定しました

患者さんに吸入方法を説明するとは

● できるように使用方法を説明するのはもちろんです

● 患者さんの気持ちに寄り添い、安心していただくことが重要と思われます

■ 当院が院内で吸入方法を説明する理由

■ 若い患者さんでも吸入方法の説明は必要です

■ 個人個人で説明が違う理由

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。