クリニックだより 内科

これって喘息(ぜんそく)なの?

内科

ぜんそくに慣れている可能性があります

多くのぜんそくの患者さんをみていると、ある特徴があります

・以前から喘息の症状だったのに気が付いていない

・徐々に喘息の症状に慣れてきている

・毎年症状が少しずつ悪くなっている

以前から喘息の症状があるパターンとは?

・運動すると咳が出ていた

・気管支が弱い感じがある

・季節の変わり目に毎年かぜで咳が長引く

・小児喘息があって治ったが、大人になって時々でるが大丈夫

・坂道や階段は苦しいが体重や年齢のせいと思っている

・いつも咳や痰がでるが年のせいと思っている

・喘息とはいわれていないが、吸入をしたりしなかったりしている

ぜんそくの症状に慣れてくると毎年徐々に悪くなります


いざ治療をすると、元の状態に戻るのに時間も薬も多く要します

子供の時にぜんそくと言われたことがある場合は、とくに慣れている可能性があります

大人になってから子供の時のような咳が出てきた

アレルギーが原因となる咳や息切れ、声が出ない場合の診断や治療は特殊性があります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

今まで思いもよらなかった新しい世界が待っているかもしれません

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。