クリニックだより 皮膚科

シミ、皺(しわ)を増やさないために今からできる事はこれです⇒

皮膚科

7月に入ってもまだ梅雨が続いています。

「日差しもそこまで強くないし、日焼け止めしなくていいかな。。」と思うかもしれません。

曇りでも紫外線はたくさん降り注いでいます。

季節を問わず、日焼け止めを塗ることをお勧めします。

紫外線の波長により皮膚への深達度が異なります。

UVB 表皮から真皮浅層まで到達し、シミやそばかす、日焼けの原因に!

UVA 真皮深くまで到達し、シワやたるみの原因に!

日焼け止めに記載されている
「SPF」UVBに対する遮光能を、
「PA」UVAに対する遮光能を示しています。

当院でお勧めしている日焼け止め

「セルニュープラスUVクリーム」


            

SPF50+PA++++」紫外線をシャットアウト!

ヒアルロン酸などの保湿成分やビタミンEなど抗酸化成分を含んでいます。

使用感は伸びがよく、白く浮きにくく、しっとりしています。

石鹸で落とせますので、年齢が出やすい首、体にも使用しやすく、

女性だけでなく男性にもお勧めできる日焼け止めです。

クリニックにて、ぜひお試しください。

「トレチノイン酸」って?皮膚科医の使い方

「ハイドロキノン」で、コンシーラーいらずの肌へ!

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。