クリニックだより

シムビコート 発作時に追加して吸入とは? - スマート療法(SMART療法)

シムビコートは症状が悪くなったときに追加で吸入できます


「シムビコートは1回2吸入して1日2回やって下さい。」

「発作でたら追加して吸ってもよいですよ。」

このような説明があるかもしれません。

● 発作時とは?

● 追加の吸入はどのようにするのか?

● 一日何回まで使えるのか?

● なんだかよく分からない

上記のような患者さんの声があります。

今回はシムビコートによる発作治療

● スマート療法(SMART療法)

について、ご説明します。

理解力を要するために私の中では

● 非常に高度なテクニック

と思っています。

● まず大事な事

毎日調子が良くても悪くても使う

● 定期吸入

の回数が基本になります。


● 1回2吸入して1日2回 

● 朝と夕に使用

とします。

これが

● 基本の治療

です。

次に

● 発作時

● 調子が悪くなったとき



● 追加吸入の回数

が決まります。

定期吸入が

● 1回2吸入して1日2回 

● 朝と夕に使用

ですので、

調子が悪くなったときの追加の吸入回数は

● 1日合計4吸入まで

となります。

次に実際に

● 発作になった場合

● 咳や息切れが出てきた場合



● 発作を速やかに抑える

目的で

● 臨時でシムビコートを吸入します

タイミングは下記のとおりとなります。

では、朝方に

● 胸苦しい咳が出てきました

発作を止めるためにシムビコートを使用していきます。

● まず1吸入してみます

それでも症状が数分(5~10分)しても収まらなければ追加します

● もう1吸入します

● 必要に応じて繰り返します

今回の追加吸入は

● 3吸入しました

きょう1日残りの追加吸入の制限は

● あと1吸入

です。

夜寝る前に咳き込んだので

● 1吸入追加しました

楽になったのでそのあとは寝れました。

シムビコートは今日一日で

● 定期吸入で4回

● 追加吸入で4回

● 合計8回

使用しました。

● 一日で使用できる回数上限

でした。

スマート療法は説明するとこのような感じになります。

絵や図、言葉で説明し

● あとは実際にやってみて慣れること

が重要と思われます。

● シムビコートが効かない場合

● 発作時にシムビコートを使用している患者さんへ

● シムビコートの使い方が分からないようです

● シムビコート 吸い方の動画

● シムビコートのまとめ