クリニックだより 内科

イラストでわかる生理前に声がれする理由

内科

生理前に声が出にくくなる原因

生理は病気ではなく、女性特有のものです。

生理によって、女性の体内ではホルモンの分泌が変化します。

その影響で身体全体がむくむことがあり、声帯も むくむことがあります。

そうすると、声がかすれたり、出にくくなります。

声楽などをされる方は、気を付けられていると思います。

一方、生理前に声が出にくくなる原因として、声帯のむくみだけではなく

● 空気の通り道がむくんで、苦しくなる

場合があります。

このような場合は、生理的な現象ではなく

● 月経前ぜんそく

という病気が疑われます。

また、ぜんそくで治療をされていて、生理前に発作が起きるようならば

● 月経前ぜんそく

が考えられます。

原因は 体の中のロイコトリエンという物質が関与しております。

生理前に声が出にくいのは、

● 生理的な声帯の影響なのか、病気である ぜんそくなのか

話が大きく違ってきます。

どちらか判断するには生理前の空気の通り道(気道)の状態を検査することが重要です。

呼吸機能検査など専門的な検査や知識が必要です。

アレルギーが原因となる咳や息切れの診断や治療は特殊性があります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。