クリニックだより 内科

8月から咳が止まらない理由

内科

光化学スモッグと台風、クーラー、お盆の疲れなどの影響です


8月から咳が止まらない患者さんが急増しています。

・のどが痛くなって咳がでてきた

・のどは良くなったがその後咳が止まらない

・夕方から夜間にかけて咳が悪くなる

・夜は咳で寝れない、起きてします

・もともと喘息は調子よかったが8月3日から悪化した

・鼻水と痰が出て咳が悪化した

このようなパターンが多いです。

なかには、

2週間以上、夜の咳が苦しくて横に寝れない

このような患者さんも一人や二人ではありません。

一般内科や耳鼻科で風邪薬や抗生剤の処方ありますが、咳は止まりません。

熱はないか、あっても一日のみですぐに下がります。

咳が止まらなくなった原因

・8月3日に光化学スモッグが発生しました

・8月8日から台風が来ました

・猛暑の中でクーラーを使用して体調を崩している

・お盆の帰省や旅行で疲労している

・帰省先にペットがいた

・帰省先の布団が古かった

・線香や花火の煙をすった

このような場合に

● アレルギーの咳

が悪化します。

8月から咳が出やすい人

・もともとアレルギー体質がある

・犬や猫など毛の生えたペットをかっている

・小児ぜんそくがあった

・血縁関係ある家族がぜんそく

・今年の花粉症はひどかった

・タバコを吸っている

・もともと風邪をひくと咳が長引きやすい

・以前に咳ぜんそく、喘息と言われた

・副鼻腔炎、蓄膿があった

・せきで吸入を使用した経験がある

様々な原因が重なり、

● アレルギーの咳を発症させます

アレルギーによる咳や息切れの原因をみつける検査や診断、治療は特殊性があります。

気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

8月3日から咳や苦しさが悪化したらアレルギーの症状が疑われます

いつも、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。