クリニックだより 内科

イラストでわかる咳が止まらないときや苦しい時の薬の使い方

内科

ぜんそくの吸入薬には

● 毎日使用する長期管理薬

● 咳が止まらなかったり苦しいときに使用する発作治療薬

があります。

● 長期管理薬(コントローラー) 発作を起こさないように予防する薬

 ・いいときほど毎日一生懸命継続して使用し、発作を起こさないようにする薬です。

 ・苦しくないときでも忘れずに続けていくことが大切です。

 ・第一選択薬は吸入ステロイドです。

● 発作治療薬(リリーバー) 発作が起きたときの薬

 ・発作時に速やかに使用し、発作を治す薬です。

 ・この薬の使用頻度が喘息コントロールの状態のめやすとなります。

 ・第一選択薬は短時間作用性吸入β2 刺激薬です。

イラストでわかるサルタノールの使い方とタイミング

イラストでわかるメプチン、サルタノールの使いかた - ぜんそくの発作

発作時用の薬の使用方法は分かりますか?

ぜんそくの発作治療薬を使うタイミング

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。