クリニックだより 内科

イラストでわかるメプチン、サルタノールの使いかた - ぜんそくの発作

内科

咳き込んだり、苦しくなったりした時の薬の使用のタイミング

ぜんそくの場合

● 苦しくなる 咳き込む 夜寝れない

ような症状(発作と言います)がでたら

● 発作の症状を鎮める薬

を用います。

多くは

● メプチン、サルタノール

と言われる薬です(下記の写真)。

しかし、多くの患者さんは使用するタイミングが難しいようです。

(参照)
■ 発作時用の薬の使用方法は分かりますか?

また、

● ぜんそくの発作時に使用する薬のタイミング

に関して下の図が良く用いられます。

多く用いられていて、よく分かりやすい図ですので、

もう少し見やすく工夫をしました。


● 吸入が効果的なタイミングと、効果的が期待できないタイミングが分かりやすいよう色分けしました

● タイミングを表す矢印と、症状の変化を表す点線の説明を入れました

● 発作の「はじまり・最高時・おわり」の3段階の状態を表すイラストを入れました

ぜんそく発作の程度のイラストを一緒に用いるとイメージが付きやすいと思います。

解像度を大きく作っていますので右クリックしてコピーしてご自由に使用してください。

■ 発作に関するまとめ

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。