クリニックだより 内科

台風の前後からなんだが咳が出たり苦しい

内科

9月~10月になり、寒暖差が大きく台風の影響もあり調子が悪くなっています

● 台風の前頃から咳が出てきた

● 台風のころから咳が出て止まらない

● 台風が去ったが咳が長引く

● 低気圧で咳や息切れがが悪くなる

● 急に寒くなってから咳が出る

● 最初風邪だったが、咳が止まらない

● のどが痛くなってから、咳が止まらない

● 鼻水がでて咳が出てきた

● 夜も起きてしまう

● 朝方ひどい咳

このような患者さんは多くなっています。

熱が無かったり一時的のため、いつか治るだろうと思っている患者さんは多いです。

しかし徐々に悪くなって受診されると、多くの場合は下に当てはまる、

● ぜんそくの小~中発作の状態

になっています。

9月~10月になり、寒暖差が大きく台風で悪くなる理由は、

● 急に寒くなることによるアレルギー反応

● 空気中に多くの埃が舞い上がっている

● 空気中のカビが悪さをしている

ことが考えられています。

● 毎年、秋に咳が出る

● 春に熱もないような咳が長引いた

● 以前から急に寒くなった時に咳でたり、苦しかった

● 低気圧や台風が近づくと苦しい

このような場合、呼吸器専門の医療機関で検査をすることを、おすすめします。


イラストはイメージです、実際に木々は無く幹線道路に面しています

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。