クリニックだより 内科

大人ぜんそくの症状や原因

内科

「なんとなく・・」だと診断の難しさがあります

ぜんそくの明らかな症状として

● 胸がぜーぜー、ヒューヒューする

● 夜間、明け方に咳き込んでとまらない

● 会話や冷たい空気でせき込む

などがあります。

そうすると、明らかに病気な感じがして医療機関に受診すると思います。

しかし、中には

● なんとなく冬に咳が出て長引くがそのうち治る

● なんとなく坂道や階段で息切れするが年のせいだろう

● なんとなく痰がらみがいつもするが、以前にタバコ吸ってたから仕方ない

● なんとなく人込みで胸苦しい

● なんとなくのどからの咳が長引きやすい

● なんとなく風邪をひきやすく咳が長引く

このようにして、

● ひどくはないが、なんとなく気になる症状

の気管支ぜんそくがあります。

なんとなく、いつもの事だから医療機関には受診しない場合も多くあります。

なんとなくの症状のみのぜんそくを放っておくと・・・

・徐々に徐々に空気の通り道(気管)が狭くなります

・すこしずつ少しずつ坂道・階段が苦しくなります

・ゆっくりなため、運動不足のため、年のせいなどと思い、医療機関にいきません

・ゆっくりなため、調子が悪いにも関わらず体が慣れてしまいます

気が付いた時には、ぜんそくの状態がかなり悪いことがあります

さらに、

一般内科に受診しても多くの場合「かぜ」といわれ咳止めがしばらくでますが良くなりません。

症状が軽いが、本当は調子が良くないぜんそくを診断するには専門性が必要です。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。