クリニックだより 内科

明け方に咳が止まらない理由

内科

夜間から明け方にかけて咳が止まらない

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

季節の変わり目、花粉症で咳の患者さんが多くなる時期です。

● かぜを引いた後に咳が止まらない

● のどが痛くなり咳が出てきた

● のどの痛みは良くなったが咳が悪くなってきた

● 鼻水、鼻つまり、咳が止まらない

● のどがイガイガして咳が出る

● のどが痒い感じで咳が出る

● 寝入りや夜、朝にひどい

● 会話で咳が出る

● 電話で咳が出る

● 電車やバスに乗ると咳が出る

夜から朝にかけては、圧倒的に咳で困っています

咳の原因は、

● ぜんそく

が疑われます。

空気の通り道(気道)の状態は一日の生活リズムで変化しています。

夜間から明け方にかけて咳が止まらない場合は

● ぜんそく

が病気の一つとして考えられます。

ぜんそく患者さんでは、

● 就寝時から明け方にかけて

● 空気の通り道が狭くなり

● 咳や痰、息切れが出やすくなります

適切な治療にて夜間から明け方の咳を抑えることが重要です。

● 夜間明け方の咳や、長引く咳の診断と治療には専門性が必要です


● 咳が良くならない場合は呼吸器・アレルギー専門クリニックでの診察が必要です

~きちんとした治療を行えば夜間、明け方の咳は良くなります~

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。