クリニックだより 内科

咳喘息でのシムビコートの使い方

内科

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

花粉症などのアレルギー体質があり、発熱がない、止まらない咳で

● 咳ぜんそく

と診断されることが多くあります。

一時的に吸入の薬をすると咳の多くは収まると思われます。

咳ぜんそくの診断で大事なことは

● 胸がヒューヒュー・ぜーぜーした音を感じた事がない

● 咳き込んだときなど、息苦しさを感じた事がない

上記2点が非常に重要です。

別の言い方をすると、

● 胸がヒューヒュー・ぜーぜーした音を感じたことがある

● 咳き込んだときに息苦しさを感じた事がある

上記のいずれかの症状があれば、咳ぜんそくではありません

● 気管支ぜんそく

が疑われます。

胸がぜーぜー・ヒューヒューしない気管支ぜんそくもあります

自分でぜーぜーが気づかなくても聴診器で聞こえることが多くあります。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。