クリニックだより 内科

COPD の増悪を予防しましょう

内科

息切れやCOPDのほかの症状が、短期間で急に悪くなる状態を「増悪」と言います。

COPDはいったん増悪を起こすと、回復するのに多くの時間を要し、時には回復不可能な肺機能の低下を引き起こします。

増悪を予防し、肺の健康を保つことが大切です。

次のようなことに気をつけて増悪を防ぎましょう。

1. 増悪の多くは、呼吸器感染が引き金になります。

 ・肺炎球菌ワクチンを接種し、毎年インフルエンザワクチンを受けましょう。

 ・こまめに手を洗い、消毒薬を使用し、身の回りを清潔に保つことで呼吸器感染の機会を減らしましょう。

2. 増悪は、空気の汚れによって起こる場合があります、

 ・タバコをやめ、副流煙を避けましょう。

 ・空気が汚染されている日は、窓を閉めて屋内で過ごしましょう。

3. 医師の指示通りに薬を服用しましょう。

  吸入器がきちんと使用できていることを確認しましょう。

4. 体を鍛えましょう。

  定期的にウォーキングや体操をし、健康的な食生活を送りましょう。

5. 呼吸状態が悪くなったときに何をすべきか、聞いておきましょう。

  増悪が始まったら、できるだけ早く治療を開始することで、その影響を最小にすることができます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。