クリニックだより 内科

咳喘息に処方されたレルベアとは?

内科

空気の通り道のむくみを取って、広げて咳を止めます

咳ぜんそくの患者さんには主に気管支拡張剤が使用されます。

しかし多くの場合は確実に咳を止めるために、気管支ぜんそくで用いる

● 吸入ステロイド

もしくは

● 吸入ステロイドと気管支拡張剤

が使用されます。

レルベアは吸入ステロイドと気管支拡張剤が入った薬です

これで大体の咳は良くなります。

しかし、

咳ぜんそくと言われた患者さんの中で、本当は気管支ぜんそくだった場合が多くあります。

咳ぜんそくが苦しい場合は注意が必要です


気管支ぜんそくで咳き込んだりする理由

1. 空気の通り道(気道)が赤く腫れて、むくみます。
    
2. 普通なら咳き込まない、ちょっとした刺激で咳がでます

・気管支ぜんそくの治療で大事なことは、1.2.の状態を良くすることです。

1.空気の通り道のむくみを取り(気道の炎症を抑える)

2.空気の通り道を拡げる(気道を拡げる)

2段構えの治療が主体となります。

1が基本治療で2が追加治療となります。

~基本治療~

● 吸入ステロイド薬

~追加治療~

● 長時間作用型β2刺激薬(気管支拡張剤)

フルティフォームが大変だからとレルベアに変更 - 当院の吸入指導の具体的なイメージ 

アレルギーが原因となる咳や息切れの診断や治療は特殊性があります。

とくに、ぜーぜーしない(喘鳴がない)気管支ぜんそくの診断は、一番判断が難しいです。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。