クリニックだより 内科

ぜんそく(喘息)の け がある とは何でしょうか?

内科

熱がなければ、ぜんそくの可能性が高いと思われます

呼吸器・アレルギー科をご専門に診察をされていない場合、

咳と息切れの時に、胸の音を聞いて

● ぜこぜこ ぜーぜー ヒューヒュー

したような感じがあれば

● ぜんそくの があるかもしれない

と表現をされるかもしれません。

ぜんそくの特徴である、気管支がむくんで狭くなっている音です。

しかし、ウイルスや細菌による気管支炎でも

● ぜこぜこ ぜーぜー ヒューヒューすることがあります

患者さんの表現としては

● かぜをひいたようだ

● のどが痛くなって、そのあと咳が出てきた

とお話しすることが多いです。

■ アレルギーによるぜんそく症状なのか、風邪による気管支炎の症状なのか

判断が難しい場合があります。

そのようなときに

● ぜんそくのがありそうだ

と表現されるかもしれません。

すなわち、

● ぜんそくのような音がするが、ぜんそくか否か判断が難しい

ことです。

このように、ぜんそくには診断の難しさがあります。

実際に、専門医向けの喘息のガイドラインにおいても

■ ぜんそくの診断の目安

と表現されています。

■ 何か一つ、二つ検査をやれば診断できる病気ではありません

問診(非常に重要です)、診察と聴診、呼吸機能検査・・・

を複合して、総合的に判断をしていきます。

ぜんそく であると診断したならば

● 吸入ステロイドを使用した継続的な治療

が必要となります。

そのためには、患者さんに

● ぜんそくの診断と通院の継続を説明しなければなりません

多くの患者さんのお話を聞いていると大人になって、

■ ぜんそく(喘息)の け がある 

といわれたら

■ 熱がなければ、ぜんそくの可能性が高い

と思われます。