クリニックだより 内科

苦しくなったときの薬は持っていますか?

内科

苦しい時には発作時用の吸入薬があります

ぜんそくの患者さんは

● 症状が何もないことが一番良いコントロール状態です

しかし、風邪や天候などによって

● 咳が止まらない

● 息苦しい

状態になることがあります。

とくに、夜間や明け方に症状が出ます。

そのような状態を

● ぜんそく発作

と言います。

発作が出た場合に発作の薬が無い場合は

● 水を飲んだりして止まるまで待つ

と言われる患者さんがおります。

ぜんそく発作には

● 発作を鎮めるための吸入薬があります

主に写真にあるような

● メプチン、サルタノール

と言われる薬です。

ぜんそくの患者さんで手元に発作の薬が無いようでしたら、

● かかりつけの先生にご相談して、処方をしてもらってください

使用方法は

● いつもとちょっと違う


● 息が重い

というくらいで発作薬を使ってみると、あまりひどくならずにすむ場合があります。

苦しいのを我慢していると気道が狭くなってきます。

● 吸っても薬が中まで入っていかない状態になり、薬が効きにくくなります

効果的なタイミングは

● 少し調子がおかしいなと思い始めたとき

● 苦しさが一段落したけど、まだ少し症状が残っているとき

このように使うと症状を和らげ、元の状態に早く戻れます。

しかし、

● 吸入ステロイドなどの予防する薬を使用していないで

● 調子が悪い時だけメプチンもしくはサルタノールのみの使用はいけません