クリニックだより 内科

以前から気管支が弱いと言われている 

内科

気管支が弱いとはどのようなことでしょうか

● 咳がなかなか良くならない

● 咳がいつも長引く

● いつも風邪気味だ

● 痰が多い

このような場合

● 以前から気管支が弱いと言われている 

患者さんがいます。

● 子供のころから気管支が弱かった

● 昔、気管支が弱いといわれていた

● 母親から気管支が弱かったといわれたことがある

気管支が弱い症状はおもに

● かぜをひきがちで、いつも咳が出る

● 胸がぜーぜーした感じがあった

● 昔から咳が長引く

● 気管支炎を繰り返しやすい

● いつも喉が痛くなって咳になる

● 痰がいつもごろついていた

気管支が弱いとは主に小児期に言われていることが多いようです。

では

● 成人でも同様に気管支が弱いです

とはあまり言いません。

何かしら病気があるから気管支が弱いような症状が出ます。

● 以前から気管支が弱いと言われ、成人になっても長引く咳を繰り返す

多くは

● 気管支ぜんそく

の患者さんと思われます。

そのような場合は一度検査をすることをおすすめします。