クリニックだより 内科

シムビコートの回数について

内科

症状に合わせて回数が異なります

シムビコートはぜんそくで多く使用されます。

症状に合わせて使用回数が医師から指示があります。

基本的には

● 朝と夕に吸入します

朝、夕に吸入する回数は、

● 1吸入~4吸入まで幅あります

例えば

・朝1吸入 夕1吸入
・朝2吸入 夕2吸入
・朝3吸入 夕3吸入
・朝4吸入 夕4吸入

このように4通りあります。

現在シムビコートを使用されている患者さんの多くは、
朝2吸入して夕に2吸入が一番多いパターンと思います。

シムビコートを使用していて、

● 咳や痰、息切れがあり、ぜんそくの調子が悪い場合

の多くは、シムビコートの使用回数が足りないことがあります。

そのような場合には担当の先生に相談をしてください。

また、スマート療法といわれる、

● 調子が悪い時にシムビコートを追加して吸入

する方法もあります。

下記の内容をご参照ください。

シムビコート 発作時に追加して吸入とは? - イラストでわかるスマート療法(SMART療法)


シムビコートの残りの回数に関しては小窓を確認してください。

下記のように赤の表示が出れば中身はありません。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。