クリニックだより 内科

息や呼吸が苦しい病気

内科

息が苦しいと患者さんが来院されます

息苦しさを感じる病気は

● 呼吸器の病気(気管や肺)

● 循環器の病気(主に心臓や血液の流れ)

● 消化器の病気

● 心因性疾患=パニックなども含め精神的なもの

呼吸器の病気は頻度が一番多く、軽症から重症まで多くの病気があります。

呼吸器の病気は

適切な問診、検査、診察を行わないと、なかなか診断がつかず適切な治療ができません

呼吸器の病気があるにもかかわらず、診断付かず、なかには「気持ちの影響での=精神的な」息切れ

と言われる患者さんもおります。

苦しくて救急車で救急に行ったが、いろいろ検査したが分からなかった場合

救急の発作時における検査は採血、心電図、レントゲン、CTをその場で行います。

このような事でも

● ぜんそく発作

の可能性があります。

発作の時には気管支の状態を見るような検査である、

呼吸機能検査、呼気一酸化窒素検査、総合呼吸抵抗測定装置(モストグラフ)

はできるような状態ではありません。

呼吸器・アレルギーを専門にしている当院では

詳しく お話を聞いて、診察し、レントゲンや肺活量の検査を行って診断し、治療を行います。

肺の問題なのか、空気の通り道の問題なのか、心臓の問題なのか・・・

慎重に原因を調べていきます。

~当院での咳、痰、息切れがある患者さんでの流れ~

症状によっては検査を一部省略します。

1.問診:詳しい問診票は4枚あります

2.診察:胸の音は前側、背中側を聴きます。聴診にもコツがあります

3.酸素飽和度測定:からだの中の酸素が少なくないか測ります

4.総合呼吸抵抗測定装置(モストグラフ):空気の通り道が狭くないか調べます。

5.呼気一酸化窒素検査:アレルギーの咳の検査

6.レントゲン検査:(肺や心臓をみます、正面と横側から撮影します)

7.呼吸機能検査:肺の体積や息の吐き出しにくさをみます

8.心電図:不整脈などないかみます

9.検査結果の説明

10.診断

11.治療の説明

12.薬の使用方法の説明(スタッフにより必要に応じて)

13.会計

上記のような流れで咳、痰、息切れに対する診断と治療を行っていきます。

クリニックのスタッフが患者さん一人につき一人、つきっきりで検査をします。

検査は小学生でもできる内容ですので、何も心配いりません。

調子によっては、検査をできなくても何も心配や問題はありません。

上の検査を全てやっても30分程度でできます。

当クリニックは日本で決して人数が多いとは言えない、

呼吸器内科・アレルギー科の専門医

が院長です。

息が苦しい事で悩んでいらっしゃる患者さんにとって、少しでも力になればと思います。

咳、痰、息切れを直したい方はクリニックの受診を考えてみてください。

長い患者さんでは3年~5年前からの息切れに困り果てて来院をして頂いております。

適切な診断と治療を行えば、

「息切れがすごくよくなりました」

と言われた患者さんもおります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。