クリニックだより

1年以上前から痰と胸苦しさがある場合|慢性気管支炎

ひと月前、 半年前、1年前、3年前から息切れがすると患者さんが来院されます

息苦しさを感じる病気は

● 呼吸器の病気(気管や肺)

● 心臓の病気(主に心臓や血液の流れ)

● 消化器の病気

● 心の病気=パニックなども含め精神的なもの

呼吸器の病気は頻度が一番多く、軽症から重症まで多くの病気があります。

坂道や階段、動いたときなど苦しい場合に

・心電図、レントゲン、採血、心エコー、24時間心電図

をして、異常ないから問題は無いと言われる場合があります。

しかし苦しいのは変わりません

そのような場合は気管支に問題がある場合があります

代表的なタバコによる病気は

● 肺気腫

● 慢性気管支炎

● 慢性閉塞性肺疾患(COPD):肺気腫や慢性気管支炎が進行したもの

● ときどき、ぜんそくを合併します

タバコやアレルギーによる咳や息切れの原因をみつける検査や診断、治療は特殊性があります。

気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

以前から痰やせきが出て、坂道や階段が苦しければ呼吸器でしょう

いつも、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。