クリニックだより 内科

肺気腫がなおる?

内科

肺気腫は肺の中の穴です

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

病院に行ってレントゲンやCTを撮影したときに

● 肺気腫がありますね

と言われたことがあるかもしれません。

肺気腫の原因の多くはタバコの煙によるものです。

たばこの煙によって肺の中にところどころ穴が開きます。

実際に、肺の中に空いた穴の中はタバコの煙によって黒くなっています。

かなり進行した肺気腫はレントゲンで気が付くことがありますが、まれです。

多くは人間ドックなどでCTをした時にわかります。

タバコの煙によって肺に穴が開いたため、今ある肺気腫は残念ながら治りません

肺気腫があって、

● 痰や咳、坂道階段で息切れがある

このような場合は、

● 慢性閉塞性肺疾患

になっている可能性があります。

今喫煙しているなら、まずは禁煙をして今後これ以上に悪くしない事です。

息が苦しい事で悩んでいらっしゃる患者さんにとって、少しでも力になればと思います。

咳、痰、息切れを直したい方はクリニックの受診を考えてみてください。

長い患者さんでは3年~5年前からの息切れに困り果てて来院をして頂いております。

適切な診断と治療を行えば、

「息切れがすごくよくなりました」

と言われた患者さんもおります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

当院は禁煙外来はしておりません。

詳しくは下のサイトをご覧ください。

チャンピックスによる禁煙外来について - 禁煙セラピー 副作用、ニコチン中毒、離脱症状

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。