クリニックだより

アレルギーの咳といわれたら|咳ぜんそく?気管支喘息?

熱がなければ、ぜんそくの可能性が高いと思われます

患者さんの表現として

● かぜをひいたようだが咳が止まらない

● のどが痛くなって、そのあと咳が出てきた

とお話しすることが多いです。

耳鼻科や一般内科に行って、なかなか苦しい咳が止まらない

● 咳止めが効果ない

● 抗生剤が効果ない

飲み薬を様々使っても性が止まらない場合に、

「アレルギーの咳がかもしれない」

とかかりつけの先生に言われるかもしれません。


アレルギーによるぜんそく症状なのか、風邪による気管支炎の症状なのか

判断が難しい場合があります。

そのようなときに

アレルギーの咳かもしれない

すなわち、

喘息かもしれないががするが、ぜんそくか否か判断が難しい

ことです。

このように、ぜんそくには診断の難しさがあります。

実際に、専門医向けの喘息のガイドラインにおいても

● ぜんそくの診断の目安

と表現されています。

何か一つ、二つ検査をやれば診断できる病気ではありません

問診(非常に重要です)、診察と聴診、呼吸機能検査・・・

を複合して、総合的に判断をしていきます。

ぜんそく であると診断したならば

● 吸入ステロイドを使用した継続的な治療

が必要となります。

そのためには、患者さんに

ぜんそくの診断と通院の継続を説明しなければなりません

多くの患者さんのお話を聞いていると大人になって、

● アレルギーの咳かもしれない

といわれたら

● 熱がなければ、ぜんそくの可能性が高い

と思われます。

アレルギーによる咳や息切れの原因をみつける検査や診断、治療は特殊性があります。

気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

アレルギーの咳は喘息の可能性が高いです

咳が続く、止まらない、長引く原因 - 「咳ぜんそく」と「ぜんそく(気管支ぜんそく)」の違いと移行について

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。