クリニックだより 内科

日常生活のポイント ― ぜんそく 喘息 アレルギー性鼻炎 アトピー性皮膚炎 花粉症  1/11

内科

ペット

■ イヌ、ネコ、ハムスターなどの毛の生えたペットには要注意。

ペットとして飼育されている動物のうちアレルギーに関係が深いのは、

■ ネコ、イヌ、モルモット、ウサギ、マウス、ハムスターなどです。

ネコとイヌがぜんそく(喘息)、アレルギー性鼻炎の原因になることは昔から知られています。

最近では、モルモットやハムスターのアレルギーが増えています。

アレルギーの原因となるものは、動物のフケ、毛、唾液、尿の中にあります。

■ ぜんそく(喘息)、アレルギー性鼻炎なのにペットを飼っている場合はどうしましょうか?

外にいるなら問題は大きくないですが、多くの家では自宅内にイヌやネコを飼っております。

一番良いことはペットから離れること(実家に預ける、知り合いに預けるなど)ですが、

家族同様に生活をしているペットと離れるのは難しいでしょう。

ハウスダストを少なくする努力はもちろん必要です。

またペットと一緒に布団で寝ることは最も避けたほうが良いです。

■ 今飼っているペットが亡くなったら次は飼わないことです。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。