クリニックだより 内科

吸入ステロイドによる副作用(声がれ 嗄声・・・) - ぜんそく 喘息

内科

ぜんそくの治療と吸入ステロイドについて

ぜんそく(喘息)で咳き込んだり、息苦しくなる理由として、

① 空気の通り道(気道)が赤く腫れて、むくみます
  +
② 普通なら咳き込まない、ちょっとした刺激で咳がでて、空気の通り道(気道)が「キュッ」と縮まります
  ↓
● 空気の通り道が狭くなります
  ↓
● 苦しくなります

ぜんそくの治療で大事なことは、① ②の状態を良くすることです。

空気の通り道の①むくみを取り、②空気の通り道を広げる

2段構えの治療が主体となります。

大人のぜんそくの治療で大事なことは

● 軽症であっても、吸入のステロイドを使用すること

です。

多くのイメージとして、ステロイドと聞いただけで心配と感じられると思います。

吸入して使用するため、直接に空気の通り道に効果を発揮します。

そのため、

● ステロイドの量は微量です


● 吸入ステロイド薬の副作用は、他のステロイド薬とは比較にならないほど少ないです

● 妊婦さんや授乳している場合にも安心して使用できます

● 小児や80歳を超えた患者さんも使用できます

しかし、主に粉の薬を使用した場合に時々

● 声がかれる

● 味覚が感じなくなる

● 口の中にカビがでる

などの症状がでることがあります。

そのような場合には

● 薬の量を減らす、一時的に吸入薬を中断する、霧状の薬に変更する

などの方法をとりますが、ぜんそくの具合を見ながら調整が必要です。

いずれにしても

● 吸入をした後は必ずうがいをして

口やのどの症状を軽くさせ、体への吸収を可能な限り少なくすることが重要です。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)

2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。