クリニックだより 内科

喘息(ぜんそく)の症状

内科

症状は何時ごろが一番つらいですか。

夜間から明け方にかけて悪化しますか。

夜中に胸がぜーぜー・ひゅーひゅー鳴りませんか。

季節の変わり目に症状が出やすいですか。

たばこの煙、寒暖の差,電話での長話で,咳き込んだりしませんか。

解熱鎮痛剤を使用して咳や苦しくなったことはありますか。

ミント、歯磨き、カレーで咳や苦しくなったことはありますか。

________________________________________
解説

・喘息を強く疑う特徴としては,症状に日内変動がみられることです。

・特に夜間から明け方にかけて咳が悪化すること,季節の変わり目に症状が出やすいなど季節性変動を認めます。

・発作時の喘鳴(胸がぜーぜー・ひゅーひゅー鳴る)、息切れは自然に、あるいは治療により良くなります。

・静かにしているときは息切れがなくても、運動や労作時に息切れを感じることがあります。

・軽症者は咳を強く自覚することが多くても,喘鳴を自覚することは少ないです。

・喘息患者は、咳が冷気,ほこり,煙,運動などにより誘発されます。

・気管支喘息の痰は透明であることが多いです。

・気管支喘息の中でも重症喘息であるアスピリン喘息は臭覚の低下や鼻茸の存在、

痛み止めや解熱剤で発作、ミント、歯磨き、カレーで咳や発作があれば強く疑います。




主に日常や趣味のブログ(gooブログ)をしております。

下記をクリックしてみてください。


呼吸器の病気への理解を深めるために