クリニックだより 内科

サルタノールの使いすぎが良くない理由

内科

ぜんそくのコントロールが良くありません

サルタノールは主に、

● ぜんそくの発作

で使用されます。

ぜんそくが調子が良い状態とは

● 治った感覚並みに症状がない

ことです。

● ぜんそくの治療は吸入ステロイドが基本です

しかし、

● 何かあればサルタノールだけ使っている

● ぜんそくの症状が出たらサルタノールだけ吸っている

● ぜんそくだから症状はいつもあることだと思っている

● いつも苦しいがそのようなものだと思っている

と言われる患者さんがおります。

● 特に、ぜんそくの経過が長い患者さんに多くみられます

しかし、実際のガイドラインにおいては

● 全くコントロールは不良です

吸入ステロイドが必要にもかかわらず、

● サルタノールのみ使用していると命を落とす危険性が高くなります

患者さんの中には、

● 吸入ステロイドが嫌だ

と思われるかもしれません。

下は子供のぜんそくの治療ガイドラインですが、

● 軽症から吸入ステロイドの使用が可能です

● 子供が使っても問題ありません

年間を通した咳の場合、慣れている、諦めている事もあります。

アレルギーが原因となる咳や息切れの診断や治療は特殊性があります。

呼吸器内科・アレルギー科における特有の検査が必要です

心当たりがあったり、気になる場合は

呼吸器内科・アレルギー科専門の医療機関

へ受診してください。

ご家族や友人で咳で悩んでいる場合もご紹介ください。

本日も、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックをご利用いただきありがとうございます。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。