クリニックだより 内科

ぜんそくで、今まで発作用のメプチンエアーだけ使用していた

内科

20歳代の女性(仮) 初診のぜんそく患者さん

当院で吸入器をどのように処方しているかご紹介します。

● 患者さん個人にあわせて、数多くある吸入器の中で最も使用しやすい吸入器を選択します

● オーダーメイドのような感じで吸入器を選びます

● 薬(吸入器)に患者さんを合わせるのではありません

● 薬(吸入器)を患者さんの背景や個性に合わせていきます

患者さんによって様々なパターンがありますが、その中の一つです。

● 決してまれなことではなく、よくあるパターンの典型のまとめです

どのような感じかイメージを持っていただければと思います。

20歳代の女性(仮)です。

● 小児ぜんそくが一旦良くならず、今でも治療をしております

● 咳が止まらないとのことで初めて当院を受診していただきました

● 夜は苦しくて起きてしまう中発作です

それ以前の治療を聞いてみると

● 調子が悪い時だけメプチンエアーを使用していました

● ひと月に数度にわたり発作を繰り返しておりました


● ぜんそくのコントロール状態は明らかに不良です

15歳くらいの時ことを聞くと

● 吸入ステロイドを使用すべき状態

だったですが、

● メプチンエアーや飲み薬だけ

を使用していたようです。

● 今の症状では吸入ステロイドは必須です

会社に勤めており、患者さんの吸入する回数の負担を減らすため

● レルベア

を処方しました。

スタッフと一緒に座って吸入方法を習ってみましょう



● 吸入器レルベアでの吸入方法の確認

・きちんと吸えると「プー」と音がなるトレーナーと呼ばれる模擬の吸入器を使用します

・最初からしっかり「プー」と音が鳴り、しっかり吸入できています

・メプチンエアーも使い慣れております

診察室にて

● 患者さんの気持ちに寄りそうと

・いつもの薬(メプチンエアー)をもらいに来る感覚できました

・今までのクリニックから新しいところに来た不安感があります

・今まで症状がある時にだけ薬を使うものだと思っていました

・時々、咳き込む事はそのようなものだと思っていました

・メプチンをすると楽になるから、それだけで治療は良いと思っていました

● 患者さんの思いに対してしたこと

・思春期のことまで振り返り、本来の薬の使用内容を理解してもらいました

・吸入ステロイドは子供のころからずっと使い続けても、何も問題ないと話をして安心してもらいました

・ぜんそくが 「治った感覚並みに症状がない」 のが一番良い状態と話しました

今まで常にそばにいて、何度も咳や息苦しさを止めてくれた、

・大事な友人であるメプチンエアーは変えることはしない

ことを約束し、安心してもらいました。

これからは、症状を出さないように守ってくれる、

・吸入ステロイドが必要

なことを説明しました。

● 症状あってもなくても毎日使うのがレルベア(せきや痰、息切れから守ってくれる予防のイメージ)

● 発作時のみ使うのがメプチンエアー(咳や痰などの息切れが出たときに楽にしてくれるイメージ)

● 粉の薬を吸うレルベアと、霧状の薬を吸うメプチンエアー

と吸入方法は異なります。

● 本来ならレルベアと同じ粉の薬である、メプチンスイングヘラーが望ましいです

しかし、

● 若くて順応力がある

● 今まで助けてくれていた友達(メプチンエアー)がついている安心感

があり、きっと大丈夫でしょう。

次に来た時も吸入を確認しますね。

以上が、当院で行っている患者さんへの吸入の説明方法です。

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。