クリニックだより 内科

イラストでわかるレルベア、アニュイティ、エンクラッセ、アノーロの使い方と説明書

内科



● ぜんそく

● 肺気腫

● 慢性気管支炎

● 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

の呼吸器の病気では主に

● 吸入薬

が処方されます。

飲み薬と違い、気管支へ直接的に薬が届くため

● 少ない薬の量で効果を発揮します

多くの吸入薬がありますが、その中で4種類(4兄弟)の吸入薬があります。

● レルベア エリプタ

● アニュティ エリプタ

● アノーロ エリプタ

● エンクラッセ エリプタ

があります。

使用方法は全く同じで、イラストをご参照ください。

各々の吸入薬の詳しくは下記をご覧ください。

ぜんそくや気管支炎の治療で用いる吸入器エリプタの種類について

フルティフォームが吸えないのでレルベア - 当院の吸入指導の具体的なイメージ 

フルティフォームが大変だからとレルベアに変更 - 当院の吸入指導の具体的なイメージ 

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。