クリニックだより 内科

イラストでわかる熱はないが咳が出る原因

内科

アレルギーの咳の可能性があります

寒くなって、咳がでやすいです

さらに、

花粉の時期になり、咳が出やすいです

咳は咳でも、熱もなく風邪な感じではありません。

● 熱はないが咳が出始めた

● のどがイガイガして咳が出てきた

● 透明な鼻水が出たあと、咳が止まらない

● 痰が絡んだ咳がでるが熱はない

● 夕方から夜、寝る前に咳が出やすい

● 朝方に咳で起きる

● 風呂に入った後に出やすい

● 食事の時にでやすい

● 毎年この時期に咳が出る

● 咳と一緒に痰がいつも出るが、鼻水のように透明

● 毎年この時期の咳は長引く

● 昔ぜんそくと言われたことがあるが、咳が止まらない

このような感じでお困りの患者さんが毎年増える時期です。

原因の一つに、

● アレルギーからくる気管支の炎症

があります。

● 咳ぜんそく

● 気管支ぜんそく

が発症する時期でもあります。

明らかに胸がぜーぜーした感じがあれば、ぜんそくの診断はそれほど難しくありません。

しかし、胸がぜーぜーしない場合もあります。

そのような場合には特に呼吸器内科・アレルギー科特有の検査が必要です。

心当たりがある場合は受診をしてみてください。

夜から朝にかけて困っていること一覧 - 咳がでる

長引く咳は呼吸器内科・アレルギー科を受診したほうが良い理由

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。