クリニックだより 内科

はじめてのテリルジー。はじめての感想はこちら。

内科

発売からひと月たちました

3つの薬を一つにしている事で様々なメリットがありそうです。

いくつかのお声を紹介させて頂きます。

患者さんのお声(感想)

・今まで2つの吸入器を使っていたが一つになって楽になった

・薬の値段が安くなって助かった

・1日1回だけなので忘れなくなった

・以前より咳と痰が減った

・声が枯れていたのが良くなった

私が処方した感想

・喫煙経験があるため呼吸機能が悪い喘息患者さん(慢性気管支炎を合併している)にとても有効

・吸入器が2つ使用していた患者さんは吸入器が一つになることに喜んでいる
(値段が安くなり、薬の数も減り、忘れる事もなくなり、面倒と思う気持ちが減る)

・呼吸機能検査をすると気管支が明らかに広がっている患者さんが多くいる

・声がガラガラしていた(声枯れや痰がらみ)患者さんが良くなる

・今まで、3種類の薬を様々な組み合わせ(患者さんの体調や副作用などの面で個々に工夫しています)で使用していましたが、テリルジーであれば職人技の組み合わせをしなくてもよさそう。

COPD患者さんには喘息を合併している場合があります

そのような患者さんにはテリルジーは有効です。

しかしCOPDに喘息があるかどうか診断するには難しさがあります。

一つの参考として、COPD患者さんで下記の特徴がある患者さんに喘息の合併を考えます。

・夜間明け方の咳や痰、息苦しさが出る

・急に咳き込んだり苦しくなる

・アレルギー体質がある

・喘息をしたことがある

・春や秋など季節の変わり目にせきや痰息切れが悪化する

テリルジーとは|吸入器の組み合わせに迷ったらこちら

テリルジー。正しい使い方を知っていますか?

あれ!?テリルジーが効かない場合はこちら

苦しい、だから。テリルジー。|COPDエピソード

発表!テリルジーで気になる副作用はこちら

投稿者プロフィール

院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
院長:山口裕礼(やまぐちひろみち)
2017年1月、希望が丘(神奈川県横浜市)にて、やまぐち呼吸器内科・皮膚科クリニックを開院しました。